結婚式二次会の景品に使う予算は?

結婚式二次会で景品を用意するとなった時には、いくらぐらい予算をかければ良いのか
よくわからないという人もいるでしょうが、大切なのは内容とのバランスです。

予算をたくさんかけても内容がちっとも魅力的でなければ結婚式二次会が
盛り上がりませんし、予算が少なすぎると魅力的な景品をそろえるのが
厳しくなってしまいますから、やはり結婚式二次会が
盛り上がらなくなってしまいます。

魅力的な景品を丁度いい数、そろえるということが重要であり、そのへんのことを
意識すると、10点そろえる場合であれば、60,000円前後といったところです。

60,000円ぐらいあれば、豪華な物から普通のランクの物まで、
メリハリのある内容でうまく数も確保しやすいものです。

そんなにお金はかけられず、30,000円ぐらいが限界ということであれば、
1点をかなり豪華な物にして、残り2点も結構ランクの高い物にしておき、
量よりも質で勝負すると良いでしょう。

二次会景品には向いてない商品とは?

二次会を盛り上げたいと思った場合には、魅力的な二次会景品を用意することが大切ですが、
向いてない物というのがありますので、そういった物を用意しないように注意しておきたいところです。

二次会景品で向いてないのは、簡単に言うと、もらって困るアイテムです。
実用性のあるアイテムであれば、大して嬉しくないということはあっても、
困るということはないものですが、実用性がなくて個性が強すぎるようなアイテムの場合には、
困ってしまうものです。

例えば、プラモデルやCDやDVDなど、個人の好みに大きく左右される特殊なアイテムを
二次会景品として用意してしまうと、そういった物が当たった時に困ってしまうことがあるものです。

ですから、趣味の物というよりかは、万人受けする食べ物などを二次会景品として
用意しておくと良いでしょう。

ブランド牛のギフトやアイスセット、紅茶セットといった感じの内容であれば、
誰が当たっても困ることはないものです。

結婚式の二次会の景品でエステ利用券を用意したい

結婚式の二次会で景品を用意する時には、結婚式の二次会の場に相応しい物を用意したいところです。

結婚式と言えば、華やかさがあるイベントであり、女性の場合は美意識が高まる場でもあります。

ですから、それに関連するアイテムとして、エステ利用券を用意すると、その場の雰囲気とマッチして良いものです。

また、エステ利用券以外ですと、美容に関するグッズも向いているもので、フェイスローラーや頭皮のクレンジングブラシ、電動角質リムーバーなどは、価格的に安い物ではありませんから、それなりに見栄えするものです。

もう少し金額が低い物が良い場合であれば、電動歯ブラシを用意すると言う手があります。

ちなみに、男性向けのアイテムとしては、鼻毛カッターと言う手があります。
このように、色々な物がありますが、この手のグッズと言うのは、意外と自分では買わないことがあるものです。

しかし、二次会の景品でもらえた場合には、良い機会として使ってみようと思うこともあるものです。

二次会の景品ならばビール券が人気

結婚式の二次会は、それまでの式場や披露宴などほど固くなくカジュアルでフランクにお祝いできるとして式の後に行うことが多いでしょう。

二次会では新郎新婦にちなんだゲームやクイズで楽しむことが多く、その景品としてさまざまなプレゼントが用意されます。準備をしていると景品選びに意外と時間がかかる上、商品によって値段がまちまちで予算の管理も難しくなってしまいます。

また、予想以上に準備に時間がかかったり、予想外のトラブルの対応が必要だったりと忙しく、ゆっくりとプレゼントを選べないこともあります。
そんなとき、多くの人に喜ばれ予算の管理がしやすいものといえばビール券です。

お祝いごととお酒との相性もよく、とりあえずビールなどという言葉があるように社会人になれば自然と飲む機会が増えるので好みが大きく分かれることもありません。

景品はなるべく多くの人がいいなと思うものが一番です。

身近で家計も助かり、お祝いにもぴったりなビール券でお手軽に準備をして当日を楽しみましょう。

二次会の景品は目録で渡した方が印象が良いです

二次会で景品を用意する時には、ただアイテムを集めて渡せば良いと言うわけではありません。

豪華な物をもらったとしても、それが大きかったり重かったりしたら、持って帰るのが大変で、こういったアイテムを用意したことに対して、気が利かないと思われてしまうこともあるものです。
そこで活用したいのが目録タイプの景品です。

これは、当たった景品を後から自宅に届けてもらうことができるタイプの物です。

これであれば、現物を受け取るわけではありませんので、持って帰る時の手間と言うのは特に発生しないもので、参加者の印象も良くなるものです。

大きなアイテムや重いアイテムを避けてそろえたら、用意したいと思っていた物が用意できず、地味なラインナップになってしまうことがありますが、目録であればアイテムの大きさや重さを気にすることなく、さまざまなアイテムを用意することができますから、かなり便利だと言えます。

二次会をより良い形で盛り上げるために、覚えておきたい物の一つです。